入れ歯・インプラントで失った歯を自然に補う

むし歯や歯周病などで歯を失ってしまったら、その歯を補う処置が必要です。歯を失ったまま放置すると、噛み合わせや周囲の歯にまで影響が及ぶ可能性があるからです。そうなる前に、しっかりと歯を補うための治療を受けましょう。大阪府高槻市の歯医者「もりいずみ歯科・矯正歯科」は、患者さんに合った入れ歯・インプラント治療をご提供します。

入れ歯でお悩みの方へ

入れ歯でお悩みの方へ

失った歯を補うための手段として一般的な入れ歯ですが、その入れ歯がお口の悩みとなってしまうケースも多くあります。

入れ歯は比較的治療期間が短く、保険診療のものを選べば治療費も安く済みます。しかし、その入れ歯が合っていないと、「痛い」「しっかり噛めない」「外れやすい」といった不具合が生じてしまいます。

こういった悩みの原因は入れ歯が合っていないことや、噛み合わせのズレ。お口にぴったりと合う入れ歯を選び、噛み合わせのバランスをしっかり整えるために、歯科医院でのチェック・メインテナンスを受けましょう。

総入れ歯
レジン床義歯

レジン床義歯

歯科用プラスチックでつくる入れ歯で、保険診療が可能です。見た目の面では入れ歯とわかりやすいというデメリットがありますが、比較的安価で製作できる、修理しやすい、金属アレルギーの心配がないといったメリットもあります。

金属床 ※チタンとコバルトクロムのみ取り扱っています

金属床 ※チタンとコバルトクロムのみ取り扱っています

床の部分を金属でつくる、自費診療の入れ歯です。使用する金属の種類は、チタンとコバルトクロムからお選びいただけます。金属床は床の部分を薄くつくることができるため、着け心地がよく、食べ物の温度を感じられるというメリットもあります。一方、レジン床より費用が高くなる、作製に時間がかかる、金属アレルギーのリスクがあるといった点は、金属床のデメリットだと言えます。

部分入れ歯
ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

歯茎にあたる部分に金属のバネを使用せず、弾力性のある特殊な素材を使ってつくる、自費診療の部分入れ歯です。価格は比較的安く製作できますが、骨の吸収が起こりやすいというデメリットもありますが、金属バネに抵抗がある方におすすめです。

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー

入れ歯に磁石を埋め込み、残存歯の根にキャップを被せて磁力で固定する、自費診療の入れ歯です。

インプラントという選択肢もあります

インプラントという選択肢もあります

もりいずみ歯科・矯正歯科では、入れ歯とは別の選択肢として、インプラント治療のご提案も行っております。インプラント治療には手術を行う必要があるため、躊躇される患者さんも少なくありません。

当院では、そういった患者さんにも安心して治療が受けられるよう、お悩みの内容やご要望などをしっかりとお聞きした上で、インプラント治療のメリット・デメリットを丁寧にご説明し、治療プランをご提案いたします。「入れ歯が合っていない気がする」「入れ歯かインプラントか決められない」といったお悩みがあれば、お気軽にご相談ください。

精密な診断を行うため、歯科用CTを導入しています

精密な診断を行うため、歯科用CTを導入しています

インプラント治療では、顎の骨に人工歯根を埋め込む手術を行います。この手術を正確に行うためには高度な技術はもちろん、検査段階でも骨格・神経・血管などの状態を詳細に把握することが必要です。当院は最新の歯科用CTを導入し、インプラント治療のための正確な検査・診断に努めております。

歯科用CTのメリット

メリット1:詳細な情報が得られる

立体画像で情報を得られる歯科用CTでは、顎の骨の厚み、骨密度、上顎洞の形態、血管や神経の状態など、さまざまな情報を詳細に把握することができます。

メリット2:治療計画の精度アップ

専用のシミュレーションソフトに立体画像化したデータを読み込むことで、インプラント治療のイメージが明確になり、より精度の高い治療計画の立案が可能となります。

メリット3:患者さんの身体への負担軽減

歯科用CTの被ばく量は、医療用CTの2割以下となっています。身体への負担が少ないCTですので、安心して検査を受けていただけます。

歯を失ってしまったら入れ歯・インプラント治療が必要です。でもできることならむし歯や歯周病を予防し、歯を失わないことが一番。そのためにも当院の予防歯科をご確認ください。

「予防歯科」ページへ

入れ歯・インプラントに関するお問い合わせはこちら「診療予約」