むし歯治療・根管治療・口腔外科で健康な口元を

高槻市の歯医者「もりいずみ歯科・矯正歯科」では、患者さんのさまざまなお口のお悩みに対し、最良の治療を提供できるよう、幅広い診療メニューをご用意しております。お口の悩みがあればお気軽に、当院までご相談ください。

その症状、むし歯かもしれません

その症状、むし歯かもしれません

むし歯には初期の自覚症状が出にくいという特徴があります。「痛い」「しみる」という異変に気づいたときには、すでに症状が進行しているケースも珍しくはありません。そのまま放置すれば症状がさらに進み、その結果治療期間が長くなったり、費用がかかったりして、患者さんに大きな負担がかかることになります。

むし歯の進行段階について
C0:脱灰

C0:脱灰

ごく初期のむし歯で、歯の表面が少しだけ溶けて、白くにごっているように見えます。この段階では自覚症状がないことがほとんどで、適切な歯磨きやフッ素塗布といった方法による再石灰化が期待できます。

C1:エナメル質のむし歯

C1:エナメル質のむし歯

歯の表面にあるエナメル質が溶けだし、小さな穴が開きます。黒ずみを確認することができ、冷たいものがしみるといったケースはありますが、痛みなどの自覚症状はほとんどありません。

C2:象牙質のむし歯

C2:象牙質のむし歯

エナメル層のさらに内側にある象牙質まで、むし歯が進行しています。表面にできた穴は小さい場合でも、歯の中で悪化していることがあります。この段階になると、冷たい・熱いものがしみる、甘いものを口にいれると痛むといった自覚症状があります。

C3:神経のむし歯

C3:神経のむし歯

象牙質のさらに奥にある歯の神経(歯髄)までむし歯が達しています。平常時でもズキズキと痛む自覚症状があり、治療では歯髄を取り除く(根管治療)必要があります。

C4:歯根のむし歯

C4:歯根のむし歯

歯冠部がむし歯に溶かされ、歯茎より上の部分がほとんどなくなってしまった状態です。この段階ではすでに神経が死んでいるため痛みはありませんが、放置することで根の先に膿がたまってしまい、炎症を起こすと痛みが再発することもあります。根管治療による保存が望めない場合には、抜歯となります。

重度のむし歯でも、歯を残せるかもしれません

むし歯が進行すると神経や血管が死んでしまいます。一般的には、そうなると歯を抜くしか選択肢がないとされてきましたが、高槻市の「もりいずみ歯科・矯正歯科」では、初回の根管治療を丁寧にしっかり行うことで、できる限り歯を残せるむし治療を行います。

安全性の高いニッケルチタンファイルを使用しています

安全性の高いニッケルチタンファイルを使用しています

根管治療時の安全性を重視し、当院では歯の神経除去のために形状記憶合金でつくられた器具「ニッケルチタンファイル」を使用しています。一般的なステンレス製ファイルより柔軟性に優れ、複雑な形状の根幹にも対応可能です。

拡大鏡で正確な治療を行います

拡大鏡で正確な治療を行います

根管は非常に細く、複雑な形状となっています。そのため、根管治療時にむし歯菌が残って再発し、結局抜歯となってしまうリスクがあります。当院ではこのリスクを軽減するため、根管治療時に拡大鏡を使用し、より正確・精密な治療に努めております。

治療の流れ
STEP1 STEP2 STEP3
STEP1 STEP2 STEP3
根管の長さを測ります 炎症を起こしている神経の除去を行います 根管内の洗浄と消毒を行います
STEP4 STEP5  
STEP4 STEP5
根管に薬剤を充填した上で、密封します 土台(コア)を埋入し、被せもの(クラウン)を装着します

親知らずや外傷などの治療もご相談ください

精密な診断の上、確実で安全な抜歯を行います

精密な診断の上、確実で安全な抜歯を行います

下顎の骨には下歯槽神経があり、親知らずの根がその神経に近接しているケースがあります。万が一、抜歯の際にこの神経を傷つけてしまうと、知覚異常を招く可能性があります。「もりいずみ歯科・矯正歯科」ではCTを完備し、親知らずの状態を正確・精密に把握することで、確実・安全な抜歯を行います。

「子どもの歯が折れた……」、こんなときはご相談ください

「子どもの歯が折れた……」、こんなときはご相談ください

転倒や衝突などで子どもの歯が折れたり、グラつくようになったという場合も、ご相談ください。これから成長するお子さんの大切な歯なので、すぐに「抜歯」「差し歯」という選択ではなく、歯を残す可能性について、一緒に考えていきます。

むし歯治療と一緒に、むし歯の予防について考えることも大切です。当院の予防歯科については、以下のページをご確認ください。

当院の「予防歯科」について

診療のご予約はこちらから