お子さんの歯を守る 小児歯科・マタニティ歯科

子どもの歯は、大人の歯とは異なる特徴を持っています。高槻市の歯医者「もりいずみ歯科・矯正歯科」では小児歯科にも力を入れているので、安心してお子さんの歯の治療を任せていただけます。キッズスペースも完備していますので、お子さんと一緒にご来院ください。

お子さんがむし歯にならないために

お子さんがむし歯にならないために

永久歯よりやわらかい乳歯はむし歯になりやすく、さらに一度むし歯になってしまうと進行が早いのが特徴です。そのため、お子さんの歯をむし歯から守るためには、日々の丁寧なブラッシングを心がけることはもちろん、歯医者での定期検診を受け、予防に取り組むことが大切です。

もしむし歯ができてしまっても、定期検診を受けていれば早期発見・早期治療が可能です。お子さんの負担軽減にもつながりますので、親子で一緒に定期検診を受ける習慣をつけましょう。

お子さんのブラッシングについて

お子さんのブラッシングについて

小さなお子さんの場合、最初は濡れたガーゼでお口の中を拭いてあげることからはじめましょう。そして、徐々に自分の歯ブラシを持たせてあげるようにしていきます。自分でブラッシングできるようになっても、お子さんだけで十分に汚れを落とすのは難しいもの。親御さんがチェックをして、仕上げ磨きをしてあげてください。

このように、お子さんの歯の健康を守るためには、親御さんによるチェック・メインテナンス・指導が欠かせません。お子さんのお口に関心を持ち、歯科医師や歯科衛生士などのプロのアドバイス・メインテナンスを受けながら、お子さんの大切な歯を守ってあげましょう。

お子さん向けの予防メニュー

フッ素塗布

フッ素塗布

歯質を強くする効果を持つフッ素を定期的に歯に塗布することで、むし歯のリスクを抑えます。ごく初期段階のむし歯であれば、フッ素塗布によって治癒することもあります。

効果1:歯のエナメル質を強化

歯のエナメル質は、「ハイドロキシアパタイト」と呼ばれる「リン酸カルシウム」で構成されています。フッ素を塗布することで、この成分を修復・安定させ、むし歯菌の出す酸がエナメル質を溶かしてしまうことを妨げます。

効果2:歯の再石灰化

フッ素には脱灰(エナメル質が酸によって溶け出すこと)を防ぎ、歯の再石灰化を促す働きがあります。

効果3:プラークの減少

お口の中のプラーク(歯垢)の生成、むし歯菌による酸の放出を抑える効果があります。

シーラント

シーラント

奥歯には、複雑で深い溝があります。この部分は食べカスや汚れがたまりやすく、むし歯になりやすい場所です。シーラントは、その奥歯の溝をフッ素配合レジン(歯科用プラスチック)で埋め、むし歯を予防する処置です。

PICK UP! むし歯から歯を守るおやつ

PICK UP! むし歯から歯を守るおやつ

お子さんの健やかな成長のためには「おやつ」も必要ですが、そのおやつ選びも、お子さんの歯の健康を大きく左右します。糖分が多いチョコレート・キャラメルといったお菓子から「キシリトール」などの成分が入ったものに変更すると、むし歯予防の効果が望めます。

・「キシリトール」とは?
白樺や樫の木から取った、天然素材の甘味料です。甘みは砂糖と同程度ですが、糖分が少ないためむし歯リスクの軽減につながります。

妊娠中のお口のケア ~マタニティ歯科~

妊娠中のお口の中に現れる変化

お子さんがむし歯にならないために

妊娠中は体に変化をもたらしますが、お口の中にも変化があります。妊娠中は女性ホルモンが多く分泌され、これらを好む歯周病菌が増える傾向が見られます。お口の中で歯周病菌が増えることで歯ぐきから血が出たり、歯ぐきが腫れやすくなり、歯周病のリスクが高まります。妊娠中は虫歯のリスクも高まります。つわりで歯磨きをすることが辛くなり、歯みがきをおろそかにしてしまいがちです。また、妊娠中は間食が増えるため、酸性状態に傾くことにより虫歯のリスクが高まります。このように、妊娠中はお口の中に良くない影響を及ぼす変化がありますので、トラブルも多くなりがちです。そうならないためにも適切なケアで妊娠期のお口の健康を維持することが大切です。

妊娠中の歯科治療

フッ素塗布

一般的に安定期(16週~)にほとんどの治療が可能です。それ以外の時期は応急処置に留めます。しかし、体調などの状況により、時期に関わらず治療を進めたり、治療を控えたりすることもあります。

妊娠前期の歯科治療(妊娠1ヶ月~4ヵ月)

妊娠の初期はつわりがあり、お口の中の治療は難しい時期です。また、切迫流産の可能性もある不安定な時期です。この時期の歯科治療としては応急処置に留めておくことをお勧めします。

妊娠中期の歯科治療(妊娠5ヶ月~7ヶ月)

中期はつわりも落ち着き、胎児、母体とも一番安定している時期です。通常の歯科治療であれば問題ありませんので、歯科治療はこの時期に受けるのがベストです。負担がない形で適切な治療や処置を受けましょう。

妊娠後期の歯科治療(妊娠8ヶ月~10ヶ月)

この時期に入るといつ陣痛が起きてもおかしくない時期ですので、緊急性の場合以外は治療を控え、妊娠中期か産後の落ち着いたタイミングでの歯科治療をお勧めします。

妊娠時期のアドバイス
     

妊娠中のお口の環境はさまざまに変化します。お口の中の環境を整えるために以下のことをお勧めしています。

お茶を飲む・うがいをする フッ素塗布 ストレスのない生活
つわりによる吐き気などで歯磨きが難しい場合は、食後に水や緑茶を飲んだり、口をすすいだりしましょう。殺菌作用のあるカテキンが虫歯や歯周病の予防に役立ちます。 ご自宅でのセルフケアと併せて歯科医院でフッ素を歯に塗布することで、資質が硬化されます。これにより、虫歯や歯周病対策に繋がります。 ストレスによっても免疫力は大きく変化します。十分な睡眠をとりましょう。また、外で散歩をするなど、気持ちをすっきりさせましょう。

「予防歯科」のご案内

お子さんのお口のことは、お気軽にご相談ください「診療予約」ページへ